SAMPLINGEVENT

Análisis taxonómicos de macrofauna bentónica para el Plan de Vigilancia Ambiental de Navantia Cartagena

最新バージョン Navantia, S.A. によって公開 2021年2月2日 Navantia, S.A.
Datos de macroinvertebrados bentónicos obtenidos de cinco puntos de muestreo en la dársena de Cartagena.
公開日:
2021年2月2日
ホスト::
Navantia, S.A.
ライセンス:
CC-BY 4.0

データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、5 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Event (コア)
    5
  • Occurrence 
    63

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 5 レコード Spanish で (7 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (8 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (8 kB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Martínez Caballero J (2021): Análisis taxonómicos de macrofauna bentónica para el Plan de Vigilancia Ambiental de Navantia Cartagena. v1.2. Navantia, S.A.. Dataset/Samplingevent. https://doi.org/10.15470/5vopsk

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Navantia, S.A.。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 9e31304a-0379-4b8e-8fb2-e0850abb0f0bが割り当てられています。   GBIF Spain によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているNavantia, S.A. が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Samplingevent; private-sector; gbif-cesp; openPSD

連絡先

リソースを作成した人:

Juan Martínez Caballero
Becario Medio Ambiente
Navantia, S.A.
Cádiz
ES

リソースに関する質問に答えることができる人:

Juan Martínez Caballero
Becario Medio Ambiente
Navantia, S.A.
Cádiz
ES
678531145
Joaquín Durán Pérez
Coordinador Corporativo de Medio Ambiente
Navantia, S.A.
ES

メタデータを記載した人:

Juan Martínez Caballero
Becario Medio Ambiente
Navantia, S.A.
Cádiz
ES
678531145

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ公開者
Juan Martínez Caballero
Becario Medio Ambiente
Navantia, S.A.
ES
678531145
連絡先
Joaquín Durán Pérez
Coordinador Corporativo de Medio Ambiente
Navantia, S.A.
ES

地理的範囲

5 estaciones de muestreo ubicadas en la dársena de Navantia Cartagena.

座標(緯度経度) 南 西 [37.589, -0.998], 北 東 [37.606, -0.976]

プロジェクトデータ

Agradecimientos: este conjunto de datos se ha publicado como parte de los esfuerzos realizados en el Proyecto CESP “OpenPSD – Engage and promote the private sector in open biodiversity data publication (ID CESP2019-004)”. Acknowledgments: this dataset has been published as part of the efforts done in the CESP Project “OpenPSD – Engage and promote the private sector in open biodiversity data publication (ID CESP2019-004)”.

タイトル Programa de Vigilancia Ambiental Navantia Cartagena 2019

プロジェクトに携わる要員:

データ公開者
Juan Martínez Caballero

収集方法

En el Programa de Vigilancia y Control especificado en la Resolución para la autorización de vertido al mar de la entonces E.N. BAZÁN, se indica que “se seleccionarán cinco puntos de muestreo en la Dársena, elegidos de tal manera que pueda comprobarse el grado de cambio de las condiciones del medio receptor en relación con la composición inicial del mismo”. Para el muestreo se han seleccionado cuatro puntos posicionados a distancia creciente del punto de vertido (25 metros) y un quinto punto de muestreo situado fuera del área de influencia del vertido a modo de control. Estos puntos coinciden con los de las campañas anteriores (2003 - 2017) y se han mantenido con el fin de dar una continuidad espacial a los estudios comparativos.

Study Extent Dársena de Navantia Cartagena.

Method step description:

  1. 1. Separación y análisis taxonómicos de la macrofauna 2. Caracterización de las muestras y aplicación de índices bióticos 2.1. Caracterización de las muestras 2.2. Aplicación de índices bióticos 2.2.1. Índice MEDOCC 2.2.2. Índice BOPA

追加のメタデータ

代替識別子 10.15470/5vopsk
9e31304a-0379-4b8e-8fb2-e0850abb0f0b
https://ipt.gbif.es/resource?r=navantia_vigilancia_ambiental_cartagena_2019