オカレンス(観察データと標本)

Seguimiento de los anfibios y reptiles de la Comunidad Autónoma del País Vasco

最新バージョン Basque Government によって公開 2019年3月27日 Basque Government
ホーム:
リンク
公開日:
2019年3月27日
Published by:
Basque Government
ライセンス:
CC-BY 4.0

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 915 レコード Spanish で (49 KB) - 更新頻度: daily
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (7 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (7 KB)

説明

Las unidades básicas de muestreo sobre la cual se ha diseñado la red de puntos de muestreo han sido las cuadrículas UTM 10x10 km. Se seleccionaron 50 cuadrículas para reptiles, y 30 para anfibios. Los criterios utilizados para la selecció de las cuadrículas UTM de 10x10 km a muestrear han sido, por orden de prioridad, los siguientes: Se ha estratificado el número de cuadrículas a muestrear en cada piso bioclimático, en función de la superficie que éstos ocupan en la CAPV. Dentro de cada piso bioclimático, se han seleccionado cuadrículas coincidentes con la siguientes capas de información Red de zonas húmedas del Plan Territorial Sectorial (PTS) de zonas húmedas; Zonas de distribución referente y áreas de interés especial definidas en los planes de gestión de las especies objeto de estudio: Red de espacios protegidos de la CAPV, incluyendo los lugares de importancia comunitaria de la Red Natura 2000; Red de corredores ecológicos de la CAPV. Complementariamente, dentro de las cuadrículas seleccionadas se han elegido determinados puntos de muestreo específicamente para el seguimiento de determinadas especies incluidas en los Anexo II y IV de la Directiva Hábitats (D. 92/43/CEE y actualizaciones) o en el Catálogo Vasco de Especies Amenazadas (Orden de 10 de enero de 2011, BOPV núm37, de 23-02-2011). Se indican a continuación las especies para las cuales se han elegido puntos de muestreo específicos y la cuadrícula UTM 10x10 km correspondiente: Tritón Alpino (Mesotriton alpestris): WN16, WN53; Lagarto verdinegro (Lacerta schreiberi): WN05, WN06, WP90, WP10, WP20; Tritón pirenaico (Calotriton asper): WN87; Sapillo pintojo ibérico/meridional (Discoglossus galganoi/D. jeanneae): WN34, WN32, WN42, VN84: Rana patilarga (Rana iberica): WP20, VN78, WN05, WN16, WN25; Rana Ágil (Rana dalmatina): WN34, WN06; Sapo corredor (Bufo calamita): WP90, WN99, VP90; Ranita meridional (Hyla meridionalis): WN79; Sapo de espuelas (Pelobates cultripes): VN93, WN02, WN11.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、915 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Seguimiento de los anfibios y reptiles de la Comunidad Autónoma del País Vasco. Eusko Jaurlaritza-Gobierno Vasco

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Basque Government。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 61b3f445-1684-42be-b918-a9b5d279419eが割り当てられています。   GBIF Spain によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているBasque Government が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Distribución de las especies; Occurrence

連絡先

Marta Iturribarria
  • メタデータ提供者
  • 最初のデータ採集者
  • 連絡先
Eusko Jaurlaritza-Gobierno Vasco
c/Donostia-San Sebastián
1010 Vitoria-Gasteiz
Araba
ES

地理的範囲

Euskadi, PaVasco

座標(緯度経度) 南 西 [42.46, -3.5], 北 東 [43.79, -1.72]

時間的範囲

開始日 2012-05-02
開始日 / 終了日 2012-05-02 / 2012-10-21

追加のメタデータ

代替識別子 10.15470/wbh1zr
https://ipt.gbif.es/resource?r=anfrepeu